デザインにこだわりを持つならプロに依頼|デザイン住宅で理想の生活

見取り図

気密性の高い住宅とは

住宅

高気密住宅とは、断熱性と気密性を高めた住宅のことです。元々は北海道で開発された設計となるものですが、住みやすさを追求するために一般的に広まるようになったものです。気密性を高めることによって、室内が外気の影響を受けないようにしています。建売り住宅や注文住宅で広く採用されていますが、注意点もあります。高気密住宅は単に密閉されたものではなく、断熱性も高めることで効果を発揮するものとなります。そのための施工がなされているかを確認することが大切です。適切な断熱材を使用しているのか、また熱が逃げやすいガラスは二重になっているかペアガラスが使われているかが大事です。そして内部にこもった湿気を排出する換気システムがあるかもチェックが必要となります。

高気密住宅は外気の影響を受けにくいことから、室内環境を一定に保ちやすい性質を持ちます。寒暖の差が大きな地域では特に重宝されるので人気も高いものです。また、冷暖房の効率が高くなることから、エアコンなどの空調機器の電気代を節約することにつながります。そのために光熱費を抑える点でも人気を集めています。さらに建物自体の劣化を防ぐ役割を持つことで、長持ちする傾向があります。躯体の結露を防ぐことにより、長く快適に住むことができるわけです。さらに室内の結露も発生しにくいことから、カビの発生を抑えることにもなります。健康面においても大きなメリットとなるので、安心して住むことができるわけです。このような様々な利点が高気密住宅が多くの人気を集める理由となります。