写真に携わるお仕事に就きたい!確かな技術が身につく専門学校

撮影スキルをプロから学ぶ

写真専門学校に入学すれば、実務経験のある講師の授業によって、仕事に役立つ専門的な撮影スキルを学ぶことができます。業界経験も豊富ですので、業界の現状を知る上でも役立ちます。

写真専門学校卒業後に目指せる職種5つ

ファッションフォトグラファー

主にファッション誌に掲載する小物や服、人物などを撮影するのが仕事になります。ファッションモデルの魅力を引き出すためのコミュニケーションスキルや、撮影スキルが必要になります。

コマーシャルフォトグラファー

メディアに出す広告の写真を撮るフォトグラファーです。雑誌や広告などの発表媒体に出す商品や人物の撮影がメインになります。どうやって商品や人物を魅力的に撮り、興味や購買意欲を持たせるかが勝負になる仕事です。

ブライダルフォトグラファー

結婚式や披露宴の写真や動画を撮影するカメラマンです。一生に一度の思い出になる結婚式の様子を記録する重要な仕事になります。式の進行を妨げずに最高の瞬間をおさえることが要求されます。

スポーツフォトグラファー

新聞や雑誌、インターネットなどの媒体に掲載するために、スポーツの大会や試合などの撮影をします。新聞社や雑誌社に社員カメラマンとして勤めるか、フリーのカメラマンとして働く方法があります。

個人カメラマン

個人で独立して撮影を行なっているカメラマンで、撮影の分野は多岐に渡ります。個人カメラマンの事務所に入って、最初はアシスタントとして経験を積みます。独立して事務所を構えることも可能です。

写真に携わるお仕事に就きたい!確かな技術が身につく専門学校

カメラ

写真の技術だけではなく感性も磨ける

写真専門学校に入学すれば、撮影の技術だけでなく、写真を撮る時に重要になる感性も磨くことができます。様々な表現方法を学ぶことで、自分自身の感性が刺激され、新たな表現につながる可能性があります。また、他の人の作品をたくさん見ることによって、他の人がどのような感性で写真を撮っているかを学んで、自分の感性を磨くこともできます。

写真

実力ある講師陣からノウハウを学ぶことができる

写真専門学校では、実力ある講師陣から、写真撮影に関する様々なノウハウを学ぶことができます。カメラマンには、広告や報道といったジャンルや、人物や物、ファッションなど撮るものによっても求められる写真が異なり、それぞれ高度な撮影技術が必要になります。講師陣からジャンルにあった最適な撮影方法を学ぶことができます。

学校選びはサポート力で選ぶ

写真専門学校を選ぶ時には、学習や就職のサポート力があるかどうかに注意して選びぶことが大切です。実際にどのような授業を行なっているか見学してみたり、就職先などをチェックしてみると良いでしょう。

広告募集中