ホテルで行うお仕事を基礎から学ぶなら専門学校が最適

受付

ホテルマンを目指すなら専門学校へ

ホテルマンとは、ホテルのフロントでチェックイン業務をしたり、客室の管理などのハウスキーピングなどを行ったりする仕事です。そんなホテルマンになるためには、高校や大学・専門学校などを卒業し、各ホテルの採用試験を受けるのが一般的です。ホテルマンになるために特別な学校へ進む必要はありません。しかしながら、もしホテルマンになりたいと思っているのなら、普通の大学へ進むのではなく、専門学校へ進むことをおすすめします。

男女

必要な資格もしっかり取れる

ホテルの専門学校では、普通の大学と違って、ホテルマンになるための知識や技術を学ぶことができます。ホテルマンになるにあたって、必ず必要な資格というものはありませんが、持っていた方が良い資格というものがあります。例えば、「ホテルビジネス実務検定」、「ホテル実務技能認定試験」、「TOEIC」などです。専門学校でホテルマンの知識や技術を学び、これらの資格を取得することで就職にも有利になるといえるでしょう。また、ホテルでは、ホテルマン以外にもホテル内のレストランで料理を作るシェフやフードコーディネーターといったように専門職に就くことも可能です。しかし、このような専門職として働くためにも、きちんと資格を取得しておくことが重要となります。そのため、しっかり専門学校へ通って学ぶようにしましょう。

[PR]
ゲームプログラマーになるには資格が必要?
基礎知識を徹底リサーチ☆

フロントとコンシェルジュの役割の違いをチェック

フロントの役割とは

フロントの役割は宿泊客の対応です。主にチェックイン・チェックアウト対応、会計、ホテル内やサービスの案内、宿泊予約の管理等の業務となります。

コンシェルジュの役割とは

コンシェルジュの役割は利用客からの要望や問い合わせに応えることです。ホテル内だけでなく、周辺の観光案内やレンタカーの予約なども承ります。

[PR]
ゲーム作成を専門学校で学ぼう
プロが技術指導をしてくれる

自分がなりたい職種が学べるコースを選ぼう

専門学校のホテル科は、さらに職種によって専攻コースに分かれているのが一般的です。そのため、コースを選ぶときは自分が将来どの職種に就きたいのかを明確にしておくことが大切です。

ホテル専門学校を卒業することで得られるメリット5つ

ベル

就職に強い

専門学校はホテルとの関係も深いため、ホテルから直接求人が届くこともあります。また、就職してからも、専門学校で学んだ知識や技術を持っているため、先輩からも信頼されやすいといえます。

インターンシップ経験を得られる

専門学校ではホテルへのインターンシップを積極的に行っているので、より実践的な勉強ができます。早い時期からそういった経験を積むことで、自分に大きな自信がつきます。

語学力が身につく

他の大学で勉強する英語と違い、専門学校では現場で想定される会話を中心に英語を学びます。そのため、コミュニケーションを中心とした、より実践的な語学力を身につけることができます。

マナーを学べる

ホテルの専門学校のカリキュラムの中には、マナーやホスピタリティについて学ぶ内容があるのが一般的です。これによって、就職する前からホテルマンとしての心構えが身につきます。

リアルな体験談を聞ける

専門学校の講師はホテルマン経験者が多く、リアルな体験談を聞くことができます。ホテルに就職した卒業生から体験談を聞く機会を設けている学校もあります。

[PR]
写真の専門学校に通う
プロへの近道☆

[PR]
アニメ製作を高校で学ぼう
人気の専門校を厳選特集☆

広告募集中